中学受験に必要な能力とは?

中学受験に必要な能力とは?

中学受験に必要な能力とはなんでしょう?
計算を早く正確に行う演算能力、幅広い知識、漢字、熟語、ことわざ等を覚える暗記力。問題文を正確に読み取り、要求事項を正確に回答する能力。等が思い当たります。

もう少し大きく、脳の発育と中学受験に必要な能力について考えてみましょう。
中学受験に必要な能力は、そのほとんどが大脳の能力になります。つまり、受験が行われる12歳の段階で、大脳が年齢に見合った十分な発育をしていることが、その能力のベースになると考えられます。

大脳がバランスよく十分に発育する為には、睡眠、運動、栄養が大切です。つまり、幼少期にはお天道様の下で、元気よく遊び、沢山食べ、よく寝ることが非常に重要なのです。
当然、適切な机上での学習も必要です。

まずは、受験の一番の元となる大脳のパフォーマンスを上げるのです。体力も、集中力も付きます。
将来、中学受験を検討されている親御さんの中には、早期学習に熱心な方をよく見かけます。でも、もっと視野を広げて、ヒトの大脳の発育に興味を持つとまた、違ったアプローチが出来ると思います。

その後の大学受験では、体力、集中力がその合否を大きく作用します。
大脳の発育が受験に大きな影響を与えることを認識しておくと、より良い中学受験が出来るでしょう。愛媛県行ってみない?

お知らせ